和装小物も着物と別で買取が可能

着物は、着るときにいくつかの小物が必要となります。それらをまとめて和装小物などと呼んでいるのですが、着物だけがあっても着ることができず、この和装小物は必ずなくてはなりません。例としてわかりやすいものを挙げると、帯なども和装小物の一部となります。長襦袢などもそうです。これらの和装小物、着物と一緒でしか売れないとなると不便ですが、和装小物はそれだけでも買取は受けてもらえるので、遠慮せずに買取依頼をしましょう。もちろん小物にも質の良さなどがありますから査定額はバラバラですが、小物だけでも十分価値があるのです。それはなぜかというと、着物に合わせる帯を複数そろえたいなどと思っている人が多いためです。和装小物はそれだけでもいいものを選べば金額が高いので、中古でいいものを手に入れようとする人が増えてきています。また着物よりも和装小物のほうが劣化はしにくいので、年代が古くても保存状態がよければ高く売れる可能性も高まります。大事にとっておいた和装小物が力を発揮するよう、売るタイミングなども考えながら買取依頼をしてみてください。小物だけじゃどうしようもない、使わないから処分しよう…と思わず、価値のある和装小物を持っている場合は査定をしてみるといいでしょう。

着物を購入するとき、中には着物単体で購入する場合もありますが、基本的にはほとんどの方がその着物に合う小物もセットで購入するケースが多いようです。洋服と同じように、着物に合う帯、草履、小物入れ、かんざしなど、様々なお洒落を楽しむためにセット購入します。
同じ和服にまつわるものだからどれでも似合うだろうというわけではなさそうです。それぞれの色使いや柄、素材なども似合う、似合わないがあります。特に有名作家が作ったものは、セットで着たときのバランスを考えて造られているものが多いので、セットで買うという方が多いのです。
これを踏まえて考えてみるとわかるのですが、着物買取を利用する場合、着物単体でも買取査定を受け付けていますが、帯などの小物をセットで査定に依頼すると、査定額が高くなる傾向があります。
それは、新たにその着物を購入する人が、単体で買うよりもセットで買いたいと考えているからなのです。着物に合う小物を自ら探すのはなかなか大変なことですが、この着物にはこれらの小物がセットになっている、という形で販売していれば購入するときにも必要以上に悩む必要がなくなります。
もしも着物を手放すなら、是非小物も一緒にセットで査定に依頼しましょう。