本場結城袖が高級なワケ

本場結城紬が着物の世界では大変高級な着物として知られていますが、その理由をいくつかご紹介します。
古くは奈良時代ごろのお話ですが、当時献上品として結城紬が上納されていました。その後江戸時代に入ってからも、結城紬の質の良さに惚れこむ方が多く、その人気は今も根強いものとなっています。
日本の中でも絹織物として、ピラミッドの頂点にいるのが結城紬と言っても過言ではありません。一番の特長と言われているのは、手作業で真綿からつむぎだされ造られている工程ではないでしょうか。そのため、機械的ではないので着物の素材そのものが大変柔らかく、上質な着物に仕上がります。
丹念に作られているため、代々受け継がれている着物も存在します。洋服のように頻繁に洗うものではありませんが、それでも洗うごとに味わいのある色に変化することから、時間が立つごとに色を楽しむという、他の着物にはない楽しみ方もあります。
希少価値の高い着物なので、買取査定でも高額な金額を提示されることが多いようです。遺品を整理していたら祖母の結城紬が出てきたけれど、価値のわかる方に譲りたいという場合は是非、買取査定を依頼しましょう。査定員が結城紬の価値を見定めて、相場に応じた買取価格を提示してくれます。